専業主婦でもお金借りれる

おすすめの申し込み方法

専業主婦が借入可能なのは、総量規制対象外である銀行のカードローンに限られています。
自分が年収ゼロである専業主婦の場合だと、ご主人に安定した収入があることが申し込み条件になります。

 

郵送や店舗窓口など様々な申込み方法がある中で、特に人気なのがインターネットを使った申込みです。
パソコンや携帯・スマホから簡単に手続きできるので、時間や場所を選ばないのが最大の人気の理由です。

 

即日融資ができるのは、インターネット申し込みが一般的。
審査回答までの時間も短く、決められた時間までに申し込めば最短で即日融資を受けられる可能性があります。

 

必要書類は本人確認書類のみで、配偶者の同意書や収入証明の書類は不要です。
ネット審査通過後に自動契約機に出向き、契約とカードの受け取りを行うとスムーズにキャッシングの利用を始めることができます。

 

このとき本人確認書類を持参するようにしましょう。
また時間がなければネット上で口座への振込融資を依頼をすることもできます。
専業主婦向けの銀行カードローンは利用限度額は大きくはないものの、銀行ならではの安心感と低金利が魅力です。

 

できるだけ急ぎで借りたい場合は、審査を考慮して申込みをできるだけ早い時間に行いましょう。
申込後にお問い合わせ窓口に「申込は済んでいるので、審査を急いで欲しい」と連絡を入れておくと、優先的に審査してもらえます。

 

即日融資のしくみを理解しておけば、急な出費に直面しても上手に対処できます。

旦那に内緒で申し込み可能

銀行カードローンは保証人なし・配偶者の同意書不要で借りられます。
夫の会社に連絡が入ることもなし。

 

大手ローン会社は個人情報を契約者以外には漏らすことはありませんので、旦那にバレる心配もありません。
家族に内緒で利用するポイントとして、郵送物はナシにして明細書はWEB上で確認するようにしておけばさらに安心して借り入れすることができます。

わからないことは相談できる

公式ホームページを見てもわからない点があれば、フリーダイヤルに連絡して相談することも可能です。
女性オペレーターが対応してくれる女性専門の窓口(レディースキャッシング)がある銀行ローンもあります。

 

ただし、オペレーターが把握しているのは貸し借りの基本的な条件などに限られます。
審査基準や内容については専門部署管理となります。
全ての質問に答えてもらえるわけではありません。

限度額はいくら?

借入限度額は審査で決まります。
審査による総合的な判断で決まりますが、もっとも重視されるのが収入。
多ければ多いほど契約限度額が大きくなる傾向にあります。

 

ただし他社借入が多いなどマイナス要素が多ければ限度額は低くなります。
これは消費者金融でも同じ。

 

専業主婦は最初から無収入であることがわかっていますので、各社30〜50万円を上限としています。

借入利率は限度額で決定される

審査で決定される借入限度額が大きければ大きいほど低金利で借りられます。
収入ゼロに主婦は大きな金額は借りあれないため、最高金利で借りることに。

 

実質年率は低ければ低いほど、毎月の返済額が少なくすみます。
生活費の中から無理なく返していけるように、申込時にできるだけ低金利ローンを選びましょう。

 

参照サイト

専業主婦がお金を借りるなら銀行カードローン

 

銀行カードローンと消費者金融のメリットとデメリットがすぐに分かります。
「専業主婦が借りれるのはどこなのか?」気になる疑問を解決しましょう。

 

専業主婦がお金を借りる方法S4|旦那に内緒OKのカードローン
http://www.mitaakira.com/

 

JICC


JICCへ登録されている内容・登録期間が分かります。
自身の情報を開示するやり方がわかるので気になる方はやってみましょう。

 

JICC 日本信用情報機構(指定信用情報機関)
http://www.jicc.co.jp/