専業主婦でもお金借りれるカードローンの審査

カードローンの審査について

銀行が提供している専業主婦向けカードローンの多くが、夫の収入証明書不要&在籍確認ナシで申込を受付けています。
つまり審査の対象となるのは本人のみで、年収ゼロでも勤務先がなくても心配ないのです。
ただし自分には返済能力がないため夫に定期収入があることが条件となりますが、提出が必要とされる書類は本人確認書類だけで、夫あてに確認の電話連絡が入ることもありません。
消費者金融が利用できなくても、このように大きなメリットのある銀行カードローンの存在があれば、専業主婦の皆さんでもかなり希望が持てますね。
専業主婦は夫の収入だけが頼りということが理由で、借入額の上限が限られてしまい適用金利も最低金利というわけにはいきません。
しかしとても簡単な手続きだけで最短即日キャッシングの可能性もある銀行カードローンは、かなり利便性が高いツールといえます。

 

カードローンの申込みで気になるのは審査です。
審査基準はどのようになっているのか、旦那も審査の対象になるのか気になる人は多いでしょう。
ここでは、カードローンの申し込みで審査する側がどこを見ているのかについて書いています。
申込み前に出来る対策も合わせてチェックしていきましょう。

カードローンの審査基準

カードローンの審査基準は原則として、総量規制があるので、安定した収入がある人を対象としています。
ですので、収入のない専業主婦が借りようと思ったとき、無収入の専業主婦はこれに該当しません。
それでも借りたいと思ったときは、配偶者貸付という方法があります。
配偶者貸付とは、配偶者の年収を合算して融資枠を作るという方法です。
ですが、それを利用しようとすると、配偶者の同意書や戸籍抄本など公的書類も必要になり、旦那に内緒で借入することは難しくなります。

専業主婦が借りられるカードローンはあるか

総量規制などの法律によって、消費者金融や信販会社はほぼ無収入の専業主婦の借入利用はできません。
ですが、銀行系のカードローンだと、銀行法のもとに運営されているので、総量規制に縛られる心配がないのです。
そういった銀行のカードローンも通常だと、安定した収入が借入の条件なので、専業主婦が借りようと思うと難しいのですが、専業主婦でも借り入れられる専業主婦専用のカードローン商品を提供している銀行があります。
それらの銀行では、専業主婦でも利用しやすいように、利用限度額を通常より引き下げて設定しています。
限度額を低く設定することで、収入証明書の提出が不要になり、より審査が簡単になっています。
また、配偶者への本人確認や職場への在籍確認などの電話もないので、主婦には安心して利用できるカードローンといえます。

審査をする前の対策について

それでも審査はありますので、きちんと審査に通るか不安な方もいるでしょう。
そんな方には、インターネットで簡単に仮審査が出来る、銀行を紹介します。
三菱東京UFJ銀行です
また、主婦が借りやすい銀行もあります。

  • みずほ銀行
  • イオン銀行

これらは専業主婦であっても利用可能なカードローンの商品を持っています。
特徴として三菱東京UFJ銀行は専業主婦であっても利用限度額30万までなら収入証明も不要で利用できますし、ウェブでお試し診断も可能です。
インターネットなら最短30分で審査回答がありますので、最短即日で利用が可能になります。
提携コンビニATMなら返済や借入の利用手数料は無料ですし、銀行ならではの低金利で安心です。
みずほ銀行は、みずほ銀行の口座がない場合は口座開設からになるので、少し時間がかかります。
こちらも専業主婦で配偶者に安定した収入がある場合は、上限30万まで申込み可能です。
イオン銀行は低金利で、インターネットやスマホを利用した借入や返済が出来ます。
カード申込みはウェブで簡単に出来ますが、カードが到着してからでないと利用できませんので、すぐにお金が入用の場合は 向いていません。
このように専業主婦でも、借りやすいカードローンを提供している銀行を把握していると、審査も通りやすいので、安心して申込みが出来ます。