専業主婦でもお金借りれる銀行と消費者金融

専業主婦が借りれるのはどこ?

 

消費者金融の特徴の一つが貸金業者を対象とした総量規制です。
住宅ローン等をのぞく借金の総額が年収の1/3を超える場合、新規の借り入れはできないという法律です。
そもそも仕事を持たず年収を得ていない妻は融資の申込みはできないことになります。
反対に銀行での借入れは総量規制の対象にはなりません。
自分は無職の専業主婦でもご主人に低収入があれば、お金を借りられる可能性は十分にあります。
もちろん保証人や担保は不要ですし、利用限度額が小さいため収入証明書も必要とされません。
また書類や手続きの簡易さに加えて、金利のお得さも銀行カードローンが人気の理由となっています。

 

カードローンと一口にいっても、銀行系カードローンや消費者金融系カードローンがあります。
それらの大きな違いは、どの法律に基づいて運営されているかです。
銀行系カードローンは銀行法、消費者金融は貸金業法によって規制されています。
貸金業法とは、個人の年収の三分の一以上の借入が出来ないという総量規制が設けられています。
そのため、年収の少ない人や収入のない人は消費者金融では借入限度額が少なくなったり借入が困難になっています。
銀行法とは、貸金業法とは違い総量規制が設けられていませんので、さまざまな人が利用しやすいです。

専業主婦はどちらも利用できるのか

専業主婦が借り入れしたいと思った時パートなどで安定した収入のある主婦が借入するのは どちらも問題ありません。
しかし、収入のない専業主婦が借入しようと思ったら消費者金融系のカードローンでは難しくなります。
それは、上記で書いたような総量規制があるからです。
専業主婦が消費者金融で借入する方法は配偶者の年収を使って融資枠を作る配偶者貸付という方法があります。
それには、配偶者の同意書が必要となりますし、住民票や戸籍抄本などの公的書類も通常審査とは別途必要になるので、手続きは容易ではありません。
対して銀行系のカードローンはというと、こちらも原則安定した収入がある事が条件なので、収入のない専業主婦が借入しようと思った時審査が厳しくなります。

専業主婦が借入するときの比較ポイント

消費者金融系のカードローンは借入の審査が緩い事と、審査のスピードが早いということがポイントとなります。
パートなどで安定した収入のある主婦ならば、主婦対応の消費者金融であれば そちらが利用しやすいです。
しかし、消費者金融系カードローンには総量規制がありますので借入限度額は年収の三分の一までですので借入額は少なくなると思ったほうがいいでしょう。
少額を借入、返済期間を短くすぐに返済できる人は無利息期間のキャンペーンを実施しているところもあるのでよく調べてから どこで借入するかを決めましょう。
また、旦那の同意があったとしても専業主婦が主婦個人の名義で借入をするのはとても厳しいです。
審査が緩い消費者金融であっても、専業主婦への審査は通らないと思っていたほうがいいでしょう。
銀行系カードローンは審査は消費者金融よりは厳しいのですが、専業主婦向けのカードローンを扱っている銀行があります。
専業主婦が個人名義で旦那に内緒で借入をしたいと思った時は、銀行系カードローンを利用しましょう。
銀行の専業主婦専用カードローンは配偶者に安定した収入がある事が条件で、借入金額の上限を超えなければ、収入証明書も不要で銀行や保証会社のデータを用いて審査をしますので配偶者に直接本人確認や職場への在籍確認の電話がいくことはありません。
今は、インターネットで簡単に申し込みが出来たり、キャッシュカードにカードローンの利用枠が付帯しているものを利用すれば、最短で即日に利用している口座に振り込まれたり、審査も当日に結果が出たりとさまざまなサービスを展開している銀行があります。
家計を預かる主婦としては、家族や夫に余計な心配をさせたくないと思う人が多いです。
銀行の専業主婦専用のカードローンはそんな主婦の強い味方といえます。
返済額も月々1000円から5000円と家計を圧迫せずに返済が可能なのも魅力のひとつです。
また、インターネットで審査も可能なので、自宅に居ながら審査をしてもらえ、当日に審査回答が得られます。
特に急ぎの場合は、テレビ窓口でも対応している銀行があるので、受付時間帯にもよりますが最短40分で審査・カードの発行が可能です。
こういったポイントから専業主婦が借入しやすいカードローンは消費者金融系を利用するよりも専業主婦専用のカードローンを取り扱っている銀行系カードローンを利用したほうがよいでしょう。